シネマの情報屋 > シネマランキング > 映画の週末興行収入ランキング(2009/6/6〜7)

シネマランキング

映画の週末興行収入ランキング(2009/6/6〜7)

2009/6/6〜7の週末映画興行ランキングは、人気ドラマを映画化した「ROOKIESー卒業ー」が1位となりました。この「ROOKIESー卒業ー」は6/7時点の興行収入は33億円を突破しました。観客層の7割が女性で、年齢層は小学生から40代までと幅が広いです。
「ROOKIESー卒業ー」は、同名の野球マンガを原作に、2008年4月〜6月にTBS系の連続ドラマとして放送され、高校野球を通して夢を持つことの大切さを伝える熱血教師と、甲子園を目指して奮闘していく不良高校生の熱いきずなが話題となり、最終回の視聴率は19.5%を記録しました。

映画興行収入ランキング2位は「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン教授が新たな謎に挑む「天使と悪魔」で、興行収入は25億円を突破しました。

・興行通信社調査の映画興行収入ランキング(6/6〜7)
第1位:「ROOKIESー卒業ー」
 熱血教師と不良高校生が甲子園を目指して奮闘する人気ドラマの映画化。出演:佐藤隆太、市原隼人

第2位:「天使と悪魔」
 「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン教授が挑む新たな謎とは?それは秘密結社イルミネティに関するものだった。主演:トム・ハンクス

第3位:「ハゲタカ」
 企業買収を巡る、人々の野望や葛藤を描いたNHKドラマの映画化。出演:大森南朋、玉山鉄二

第4位:「余命1ケ月の花嫁」
 若くして乳がんで亡くなった実在の女性を主人公にした悲恋物語。主演:榮倉奈々、瑛太

第5位:「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」
 「不思議な力を持つ青年(木村拓哉)を、探偵(ジョシュ・ハーネット)とギャング(イ・ビョンホン)が行方を捜す。

第6位:「スター・トレック」
 宇宙の調査飛行にデルUSSエンタープライズで、やがてキャプテンになるカークの若き日を描く。

第7位:「60歳のラブレター」
 定年退職となる夫婦など、60歳前後の3組の愛をつづる。主演は中村雅俊、原田美枝子

第8位:「お買い物中毒な私!」
 ショッピングでストレス発散させていたダメOLが一念発起する。主演:アイラ。フィッシャー

第9位:「重力ピエロ」
 平穏に暮らす兄弟と父親に秘められた過去が、連続放火事件を皮切りに明らかとなる。原作は伊坂幸太郎

第10位:「ウルトラミラクルラブストーリー」
 祖母と青森に暮らす風変わりな青年の一途な純愛を描く。出演:松山ケンイチ、麻生久美子

今週末に公開される注目映画
・「真夏のオリオン」
 第二次大戦末期、日本の潜水艦とアメリカ駆逐艦が繰り広げる攻防戦と人間のきずなを描く。主演:玉木宏

・「レスラー」
 かつては人気者だったが、すっかり落ちぶれてしまった中年レスラーの哀愁を描く。主演:ミッキー・ローク

・「ターミネーター4」
 2018年を舞台に、人類とマシン軍の攻防を描くSFアクション映画。主演:クリスチャン・ベイル



<<映画の週末興行収入ランキング(2009/5/9〜10) | シネマの情報屋トップへ | 映画の週末興行収入ランキング(2009/6/13〜14)>>




Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。