シネマの情報屋 > シネマランキング > 映画興行収入ランキング(11/14〜15)

シネマランキング

映画興行収入ランキング(11/14〜15)

2009/11/14〜15の週末映画興行ランキング1位は3週連続で「マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」でした。
総合興行伊収入は30億円に迫っています。「11/27(金)の公開終了に向けて”駆け込み需要”があれば、40億円に届くのではないか」との声も出ています。

ランキング2位は「DISNEY'Sクリスマス・キャロル」。ディケンズの名作をCG技術で映画化したものです。

映画興行収入ランキング(11/14〜15:興行通信社調査)
第1位:「マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」
 マイケルがロンドンで開催を予定していたコンサートの舞台裏の模様を描いたドキュメンタリー。

第2位:「DISNEY'Sクリスマス・キャロル」
 不朽の名作をCGで映画化。金が全てという老人が3人の亡霊たちに導かれ、自らの人生を振り返る。

第3位:「なくもんか」
 幼い頃に生き別れた兄弟の再会と、周囲の人々の交流を描く人情喜劇。主演:阿部サダヲ

第4位:「ゼロの焦点」
 松本清張の社会派ミステリーの映画化。昭和32年、行方不明の夫を捜す妻と2人の女性の人間模様を描く。主演:広末涼子

第5位:「僕の初恋をキミに捧ぐ」
 20歳まで生きられない少年と、幼馴染の少女との恋を描く。主演は若手人気俳優の岡田将生と井上真央

第6位:「沈まぬ太陽」
 山崎豊子の小説を渡辺謙主演で映画化。巨大企業の中で翻弄されるが、自分の信念を貫く男を描く。

第7位:「フレッシュプリキュア!おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」
 女の子に人気のアニメ映画第6弾。プリキュアたちが世界征服をたくらむトイマジンに立ち向かう。

第8位:「笑う警官」
 北海道警察で実際におきた汚職事件を基にした社会派小説の映画化。主演:大森南朋、松雪泰子

第9位:「カイジ 人生逆転ゲーム」
 フリーターのカイジは、友人の借金の保証人になったことから奇想天外なゲームをする羽目になる。主演:藤原竜也。

第10位:「風が強く吹いている」
 箱根駅伝を描いた同名小説の映画化。小出恵介、林遣都らがトレーニングを重ねて迫真の駅伝シーンを見せる。


週末に公開される注目映画
・「2012」
 マヤ暦で予言されている2012年に、大規模な地殻変動に見舞われる地球と人間のサバイバルを描く。

・「イングロリアス・バスターズ」
 ナチス兵殺害を目的とした連合軍の極秘部隊の活躍と、1人のユダヤ人女性の復讐を描く。


<<映画興行収入ランキング(9/12〜13) | シネマの情報屋トップへ | 映画興行収入ランキング(2010/1/9〜1/10) >>




Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。